2019年4月17日 (水)

種蒔き

 始めたばかりは、調整に少し時間がかかります。

Dscn1660

まずは、普通田用の種蒔きからです。

ウグイスが昨日から鳴き始めました。
やっと春らしくなってきました。

Dscn1675

フクジュソウが満開。

Dscn1658

みんなでいっぷく。
お天気が良いと、和みますなあ。
鳴き始めたばかりの下手くそなウグイスの声に、笑いが起こります。

Dscn1681

午後になり、順調に進みます。
ここ数年、委託の田んぼが増え耕作面積が多くなったために、今までのポット植えでは、対応できなくなりました。
そこで、箱苗に変更しました。約半分の苗箱数で済むのです。
直播を除いて、2400枚植えます。

Dscn1687  Dscn1662

雪が消えた所から、春の妖精たちが咲き誇り始めました。
キクザキイチゲの群生です。

Dscn1683

カタクリの群生も。あんまり嬉しくてピントがずれちゃいました。

 

Dscn1688

日陰にはまだ雪が残っていますが、田んぼもやっと日の光を浴びるようになりました。
まだ茶色ですが、これからどんどんと命が芽吹き始めます。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

種の準備完了

雪が降ってから数日たち、お天気になりました。
水に浸け、「芽出し」していたモミも丁度いい具合になりました。

Dscn1653

ゴザに上げ、さっと干します。

Dscn1647 

種蒔きの準備、準備。
小屋の二階から、苗箱を下します。 床土もスタンバイ。種まき機もOK。

Dscn1655

夕方、いい具合に干しあがりました。
これで種の支度は完了。

いよいよ、明日から種まきです。

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

春の雪

昨日、朝起きたら、

Dscn1621

山の木々まで真っ白。
仙台や関東まで降って、何十年ぶりとか・・・・騒いでいますね。
今年は、ますますオカシナ気候だそうで、覚悟の年になりそうです。

Dscn1627

せっかく顔を出したばかりの、川辺のつくしやひろっこにも雪が。
冷たいね、今少しの辛抱だぞ。

Dscn1630

さて、今日は苗箱に使う土混ぜをしました。
菌のない山土に、それぞれの稲の品種に合わせた発酵肥料ともみ殻等を混ぜ込みます。
昨今、近所の田んぼを任される事が多くなって大量の土が必要となりました。
そこで、ユンボーの使用となりました。

Dscn1640

昼過ぎには、雪も融けて来て、屋根の上ではユーモアのある図形がすべりだしました。

そして今朝。

Dscn1641

快晴!
下の、昨日と比べてみて下さい。

Dscn1622

春の雪。
すぐ溶けました。 

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

種蒔きの準備、始まりました!

まずは温湯消毒。
いつもなら、彼岸頃にするのですが、今年はこの時期にしてみました。

なぜならその時期はいつもないほどの雪降りでしたし、気温が低かったので「芽出し」に負担がかかると思ったからです。

Dscn1599

種もみを5kgずつ分け、網袋に入れます。

Dscn1600

それを60℃のお湯に10分間浸けます。

Dscn1607


バカ苗病菌やその他の菌をこれで抑えるのです。
これをするとしないでは病気苗の発生に大きく差が出ます。

P4070171

その後すぐに水に浸け、それから催芽機に入れます。

米は品種により、発芽の積算温度が違います。
それを管理するのがこの機械です。

種蒔きに向かって、作業が始まりました。
昨日まで雪がチラついていましたが、これからは暖かくなる事を願います。

異常気象が当たり前になって来たこの頃ですが、今年はどんな年になるのでしょうか。
淡々と作業を進めていきましょう。

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

まだまだ、春の雪降り

春の雪にしては、ずいぶん降ってるし、ずいぶん積りましたね。

Dscn1576

また、冬に逆戻りです。

Dscn1585

家の回りも、屋根から落ちた雪でまた埋もれてしまいました。

やれ、やれ。
まだまだ、今週中は雪降りが続くそうです。

なんという事!

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

春の雪降り

春の雪降りが続いています。
顔を出した田んぼも真っ白な雪の原に戻ります。
でも、すぐ溶けてグジュグジュに。

P4010170

そしてまた降って。
2月の半ばで雪降りは終わったかと思ったのに・・・・・・。
3月末までは雪は消えるだろうと、誰もが思っていたのに・・・・・。
誰かが、冬を惜しんでいるのかしら?

雪の中から、「ひろっこ」を掘ってきました。

P4010166

冷たい、冷たい。
足と手が凍りそう。

でも、春を呼ぶこの地のご馳走です。
なんとしても、食べたいのです。

「卵とじ」、しましょう!

 

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

寒いですねー!

彼岸が終わってから、ずいぶんと小雪が舞います。

とくに、昨日は寒かったです。時折お日様が照りながらも、天空から雪が舞ってくるのでした。

Dscn1532

せっかく雪が消えた芝生の上もまた白くなってしまいました。

何度も、消えては降り消えては降り、儚い春の雪降りを繰り返しています。

7a6310f69d1d4f619481a249fd92e65f

そんなんでも、やっと田んぼが現れてきました。

今年は雪の消えるのが早いのです。

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

テスト2

Dscn1503

| | コメント (0)

テスト

ブログリニューアルのせいで、何だか以前のようにサクサクとアップ出来なくなってしまいました。
不具合が生じているそうです。
何度も何度も、やり直しています。
パソコンの具合も悪くなり、途中でフリーズしてしまいます。
困りましたね。
ちょっと、画像をアップしてみます。サイズがどうもうまくいきません。
編集のし直しも、すぐに反映できなくなってしまいました。
では、
Dscn1507

| | コメント (0)

送り彼岸2

今日は、彼岸最終日。
送り彼岸の日です。
Dscn1519
ご先祖様達は、ゆっくりしていかれたことでしょうか?
”暑さ寒さも、彼岸まで”と言います。
いよいよ、春を待つばかりとなりました。
ところが!
Dscn1503
昨日にも増して、雪がどっさりと降りました。
あれあれあれ・・・・・・
Dscn1507
横殴りの雪となってきましたよ。
また真冬みたいになってしまったじゃないですか―!

| | コメント (0)

«送り彼岸