田んぼのあぜ道に、群生して咲くオオジシバリ。
ずーっと、黄色の可憐な花で埋まる畦は、踏んで歩くのがもったいないほどである。