育苗機に入れて三日目です。一粒の小さな種もみから、こうして芽が出て私の胸くらいまで伸び、たわわに実を成らせるのです。命の営みは、作為のない時間を感じて、いつも感動です。