稲は葉脈が、細長く縦にはいっている。
その葉脈の、端っこ一つ一つから水分を蒸散させている。
気温の低い朝にはこのように、露となって見える。