クリーム色が美しい花である。このイタドリは、下を向いて花をつけたが、上に向いて花をつけるものもある。その違いはわからないが、どっちも同じ花である。
まったく美しすぎる。
しかし、家に持ち帰り、飾ってみると興ざめする。つくづく、野の花は野で見るべきだと実感する。
輝きが違いすぎるのだ。