上を向いて咲くイタドリ。
朝日を浴びて、柔らかく輝いている。
クリーム色の細かい花は絶品の美しさである。
春の芽は、そのままや茹でて食べられるが、あの酸っぱい味からはとてもこんな柔らかい色気を感じる事は出来ない。