« 無施肥田 | トップページ | 夢のような一週間 »

2011年5月16日 (月)

春爛漫

昨日、今日と久しぶりのお天気です。
それで、なんと山桜が満開です。右を見ても、左を見ても運転する窓から淡いピンクが山の肌に色を添えています。

P5160205  P5160206

ぜひ、アップで見て下さい。今時の桜ですよ。ソメイヨシノは葉っぱと一緒に出たので、満開を見損ないました。だからでしょうか、いつもは地味に見える山桜が、何と気品に溢れ風情たっぷりで美しく見えるではありませんか。

思わず見惚れてしまって、いつか車をぶつけそうです。
庭にはチュウリップや黄色いレンギョウが咲き、川原には水仙が咲き乱れ、

P5150173

木々は萌えはじめ、

P5150185

早春から晩春の「春」が一同に揃いました。贅沢な”春爛漫”を満喫する春が、ここ真室川にやっとやって来ました。

そこで気になるのが、ワラビですよ。そろそろ出てくる頃です。でもその前にコゴミを採ってから行きましょう。遅い時期に出る所を知っているのです。

P5150167

あーーーー、遅すぎたー!すっかり伸びちゃってソテツのようになっちゃってるわ。
とか言っても、あった、あった。日陰にちょうどいい加減のコゴミちゃん。終わり初物をいただきました。また来年まで、おあづけです。

次にワラビですが、ちょっとだけ出ていました。

P5150161

そのワラビが見下ろしているのは、

P5150160

イタノ沢にある、我らが”無肥料田”。代かきを終え、田植えを待っています。

場所を替えて、ゼンマイも出ていました。綿毛をかぶっています。

P5150177

ゼンマイには男ゼンマイと女ゼンマイがあります。

P5150179  P5150182

食べるのは、右の女ゼンマイの方です。でも姿がりっぱで美しいのは男ゼンマイの方です。自然界はたいてい男のほうが美しく出来ていますが、女ゼンマイにもその美しい男姿が見えるのでしょうか?

額がつきそうなほど傾斜が急な崖を登りました。目指すは山の上にある開田です。遠回りが嫌で、直線的に登りました。

P5150197

登りきった所に、待っていてくれたのはキツネではなく(以前、そこで見たのでネ)、

P5150198  P5150194

神座に飾るアオキです。林の中にひときわ輝く葉っぱで目立つ植物ですが、春に花をつけます。それが花びらなのかガクなのか詳しくは判りませんが、赤を通り越した「黒赤色」で小さな花です。林の中で何よりも早く花を咲かせるのですが、これまた今頃になっています。

今日はここまで。ワラビはほんの少ししか出ていなかった。後2・3日でニョキニョキと出てくるだろう。とりあえずアク抜きしておこう。

頭を取ったワラビを鍋に入れます。その上から灰をふり掛け、緑青を出させた銅線を重石にします。

P5150200

これに熱いお湯をたっぷりと、注ぎ入れます。

P5150203

このまま一晩置くとアクが抜けます。その後水につけ、水を替えながら冷蔵庫に1週間ほど保存できます。

お浸しが一番ですけど、”ワラビたたき”も美味しいです。

|

« 無施肥田 | トップページ | 夢のような一週間 »

コメント

わらびちゃんが見降ろしてる田んぼ・・
壮観ですね。
田んぼに映ってる雲に・・あぁ日本!って思います。
ふと・・「地球田んぼ」って言葉が口をついて出ちゃいました(笑)

投稿: ノーム | 2011年5月17日 (火) 12時41分

お天気がいいと、気持ちいいですね。
つい、行動的になってしまいます。
そうそう、見事なカタクリを見せたくてその場所に行ったんだけど、もう旬が終わっていました。
残念!
また来年だわ。

投稿: 克子 | 2011年5月17日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無施肥田 | トップページ | 夢のような一週間 »